[voice icon=”https://love-lab.biz/wp-content/uploads/2018/12/nayamu_boy2.png”  type=”l”]累乗の計算ってどうやるの??2の3乗は2×3で6???[/voice]

累乗の計算は、意味をしっかり理解していないと、次のような間違いをしがちです。

こんな間違いをしてしまう、みんなの悩みにお答えします!

この記事でできるようになる事!

  • 累乗の意味が理解できる
  • 累乗の計算ができるようになる

累乗の意味を理解できるようになろう!

累乗は、AをB回だけ、掛けてくださいという意味です。

ちょっと分かりにくいかもしれませんね・・・

もっと具体的にみてみましょう!

一番最初に例に出したように、2の3乗を考えてみましょう!

AをB回だけ掛けるのと、同じように考えると、2を3回掛けることになるので、

のようになります!!どうでしょう、分かりましたか??

この考え方さえ分かっていれば、あとは余裕です!

よく間違える問題

ではでは、次の問題はできるでしょうか?

問題

回答

(1)の問題は、ー2を2回、掛ける事になるので

(ー2)×(ー2)=4

になるよね!!マイナス×マイナスがプラスになるのは大丈夫かな?

分からない時は下の記事を参考にしてみてね!!

【中学1年数学】マイナスの計算!正負の数の乗法をマスターしよう

(2)この問題をよく間違うんですよね…

これは、2だけを掛けて、マイナスは置き去りにします!

なので、答えは

ー4です!

この問題はよく間違うので気をつけましょう!

数×累乗の計算

さて、ここまで累乗の単体の計算ができるようになったと思います!

では、ここからは、いつもの乗法の計算に累乗の計算が合わさった問題にチャレンジしてみましょう!

問題

さて、この場合は、どうなるでしょうか?

  1. 累乗の計算
  2. 掛け算の計算

一番最初に行うことは、累乗の計算です!

掛け算を行う前に、累乗の計算を行いましょう!

最後に、掛け算を行います。

まとめ

ポイント

  • 累乗の計算は、AをB回掛けるということ!
  • 計算の中に出てきたら、一番最初に計算しよう!